蛇の道は蛇の目傘

アルファロメオSZとの日々を綴りながら、たまに音楽制作現場のお話などなど。147TSは実家に預け中。

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファロメオのV6 SOHCエンジン


Edit Category 自動車
v6bw.jpg

呆れられることが多い(笑)のですが、アルファロメオ164には2台乗りました。

1台目は、1991年式の164(E-164A、V6 SOHC12V)。
2台目は、1995年式の164 Super(E-168B、V6 DOHC24V)。

このV6エンジン、「傑作」の誉れが非常に高いユニットですね!
私がわざわざ164に乗り直した理由の一つが、このV6エンジンが忘れられなかったから。
ただ、SOHCとDOHCでは全く別物と言って良いほど味付けが違い、オススメは断然、SOHC。

低rpmではドロンドロンとした低い排気音と共にどっしりとトルクを発生し、
3000rpmを超えるあたりからエンジンサウンドが雄叫びのように変化。
アクセルを踏み込んで行くと、「ドロロロロロロォォォォオオオオオオオオン」って感じ?
伝わりませんね(笑)
日常生活の法定速度内でも、聴覚と振動で「加速」を堪能できるのが魅力。

これがDOHCモデルになるとどうしても低rpmのトルクは薄くなるし、
中rpmからの音色の変化も控えめで、高速クルージングを得意にした性格付け。
コンフォートではあるんだけど、164ってそうじゃないだろ!V6ってそうじゃないだろ!って。
まぁ、SOHCモデルで高速巡航すると始終ドロドロ言ってて疲れたケド。


その後に買った147は1.6TSエンジンをMTで運転。
ちょっと小排気量を元気一杯100%にキビキビ走らせるのも悪くない。
でも、V6 SOHCの、中身が詰まって芳醇な感じのフィーリングは他で代用しがたいですね。
今探してるSZもV6 SOHCを積んでるけど、ハイチューンが故に吹け上がりが早すぎて、これまたベツモノ。
164用のV6 SOHCをSZボディにぶち込んだクルマがあったら、個人的にサイコー!!

Newer EntryアルファロメオSZ 成約

Older Entry164パワステトラブルの記憶(2007年)

Comments

承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
プロフィール

wkbyc

Author:wkbyc
楽器も弾けないのに、都内の出版社で音楽プロデュースを生業にする非自営業。会社と自宅とスタジオを行ったり来たり。
プレッソV6→164(SOHC)→WRX wagon→Beat→164(DOHC)→147(TS)でいったん途切れていたクルマ趣味が、2014年に購入したSZで再開。
あとたまにサバゲに行きます。

 
 
 
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。