蛇の道は蛇の目傘

アルファロメオSZとの日々を綴りながら、たまに音楽制作現場のお話などなど。147TSは実家に預け中。

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお風呂のトモダチ


Edit Category 日々雑感
「長風呂をしながらiPhoneが使えたらなぁ」とtweetしたら、デザイナーさんから「ジップロックで十分ですよ」と教えて頂いたので、さっそく試してみました!


透明だからわからないね(笑)
中にiPhoneを入れてもきちんとタッチパッドが認識してくれる!

wikipediaを見ていると1時間くらいはアッという間に消え去ります。
これ、iPadだと重いかなぁ……
スポンサーサイト

ぐるりと回った5km


Edit Category 自転車・散歩
しばらくサボッてましたが、
三連休をゴロゴロして過ごしたので少しグルッと回ってきました。


大きな地図で見る

いつも通り、飯田橋交差点を起点にして、九段下交差点まで南下。
そこから靖国通りを東進し、神保町交差点から白山通りを北上。
東京ドームを左手に見ながら春日町交差点を左折して、富坂を駆け上がるルート。

本当は九段下交差点を曲がらずに直進するツモリだったけど、
九段会館から先が真っ暗なんだよね……内堀周辺はだいたい真っ暗><


移動時間: 51:01
停止時間: 0:00
距離: 4.90 km
平均: 10:25 /km
最高ペース: 3:06 /km
登り: 27 メートル
降り: 24 メートル
カロリー: 297


今回はウォーキング9:ジョギング1にしてみたんだけど、
鍵やら小銭やらiPhoneやらが暴れまくるので、手ごろなバッグが欲しいですネ。

楽屋用にハリウッドミラーを導入!


Edit Category 音楽のお仕事
商品名は「アクリルミラーライト」。
無印良品で販売している卓上ミラーなのですが、内部に20Wの丸型蛍光灯が仕込まれていて、スイッチひとつでフレームが明るく輝きます。




これ、ずっと欲しかったんですよね。
楽天市場あたりだと「ハリウッドミラー」で幾つかヒットするのですが、ちょうど良さそうな商品が軒並み品切れ……たまたま立ち寄った無印良品でこれを見つけたのでした。


さっそく昨日のインストアイベントに持ち込み。
店舗イベントの場合、お店の事務室の片隅を楽屋代わりに使わせて頂くケースが多いのですが、そこは事務スペース。メイクをするにも照明が暗いのです。その点、このミラーは鏡面は幅21×高さ28cmとかなり大きく、傾きも3段階に調節が可能と、こうした現場にはうってつけ!
実際、アーティスト本人も「うわ!これ、すごく便利です!!」と喜んでくれてました。


少し大荷物になっちゃいますが、少しでも快適にステージ準備ができるのなら問題なし。

あらら、またフリーに逆戻り


Edit Category 日々雑感
あちゃー。
フラれてしまいました。


「スピード感の違いって障害になるよね」と言うのが教訓。



好い加減に嫁さん欲しいのよー。
ホント、音楽プロデューサーなんてヤヤコシイ仕事になんなきゃ良かったなー。

日本版ポリティカルコンパス


Edit Category 時事・歴史
日本版ポリティカルコンパスを試してみた。
ちなみにポリティカル・コンパスの概要はwikipediaの当該ページでどうぞ。



----------ここから引用----------

グラフの縦軸は、政治的価値観を示します。上に行くほど(値が10に近いほど)保守、下に行くほど(値が-10に近いほど)リベラルであることを示します。
グラフの横軸は、経済的価値観を示します。左に行くほど(値が-10に近いほど)経済左派、右に行くほど(値が10に近いほど)経済右派であることを示します。

----------ここまで引用----------

私の結果は、

 ・政治的な右・左度(保守・リベラル度) …… +4
 ・経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派)……-1.85
 ・あなたの分類は……保守左派です。

だそうな。


だからと言ってどうという話では無いんだけど。

美人アシスタントが付きました(笑)


Edit Category 音楽のお仕事
今月からアシスタントが付きました。
夏前にあった過酷な制作ラッシュを反省材料として、私の下にアシスタントを1名、部署内勤にデスクを1名をそれぞれ増員。ちなみに2人ともそこそこ可愛いので、他部署に挨拶に連れて行ったら、先方の男性スタッフが「かわいい……」と小声で呟いてた(笑)


見た目はさておき、2人とも音楽業界も制作業務も未経験なので、覚える事が膨大。
「楽曲を作るプロセス」からスタートして、制作原価の計算、著作権法務の概念、CD商品の販売・流通の仕組み、広告宣伝や販促宣伝の手法などなど。
人脈も全てこれから。

私自身、もともとが音楽知識ゼロ。
小さい音楽制作プロダクションにマネージャとして飛び込んで、教えてくれる人のいないところで自分なりのやり方を考えながら歩いてきたので、彼女達の大変さはすごく想像できます。
「分かるかボケェ!」「知らんわボケェ!」って言葉、昔よく言ったなぁ。



とは言え、大切なスタッフ。
きちんと育てて、他社の先輩方に認めて貰えるような業界人になってくれると良いなと思います。





思います。
思うんだけど、海千山千ばっかりだからなぁ。

ちょっと脱線しますが、昨晩はP社の音楽プロデューサーから「飲み会やるからおいで」と誘って頂いて、「業界の先輩が声を掛けて下さっているのだ!」と大喜びで参加。
行ってみたら、S社とV社の音楽プロデューサー(片方は制作部長!)までいらして、ええと私みたいな軽輩が同席させて頂いても良いのでしょうか(汗)

こう言う席に、一人で参加できるようになると一人前なんだけどね。
指導者としてはあまりオススメしたくない展開でもあったり。
アハハー。

文庫本を買うのは久しぶりだ


Edit Category 読書
iPhoneを持つようになってから、電車移動時はブログやtwitterのチェックばかり。おかげで読書の時間がまったく無くなってしまい、最後に文庫本を買ったのは果たしていつだっただろうか。
これでも文学部出身なのだから、恥ずかしい話。




リハビリ的な意味を込めて、太宰治「晩年」を購入。
仏文科出身だからというのは言い訳として、太宰作品にはそもそも馴染みが無く、わずかに「走れメロス」「魚服記」を教科書で読んだ程度。


しばらく国文学で活字慣れをしたら、ドストエフスキーを久しぶりに読んでみたい。「カラマーゾフの兄弟」が途中で挫折したままなので、一連の読書熱はとりあえずそこをピークに置くイメージでいます。
 
09 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

08 10


 
 
プロフィール

wkbyc

Author:wkbyc
楽器も弾けないのに、都内の出版社で音楽プロデュースを生業にする非自営業。会社と自宅とスタジオを行ったり来たり。
プレッソV6→164(SOHC)→WRX wagon→Beat→164(DOHC)→147(TS)でいったん途切れていたクルマ趣味が、2014年に購入したSZで再開。
あとたまにサバゲに行きます。

 
 
 
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。