蛇の道は蛇の目傘

アルファロメオSZとの日々を綴りながら、たまに音楽制作現場のお話などなど。147TSは実家に預け中。

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い国の昔の話


Edit Category 時事・歴史
一人で外食したり移動している時は、たいていiPhoneで調べ物。
仕事の為の調べ物ももちろん有るけれど、興味本位でのソレがやっぱり多い。

ここ数日は「沿ドニエストル共和国」が自分の中のテーマ。

wikipediaの柱書きでは「沿ドニエストル共和国(えんドニエストルきょうわこく)、通称ドニエストル、沿ドニエストルは、東ヨーロッパ、モルドバの東部ドニエストル川東岸のウクライナ国境に接する地域(国家)。現在、国際的には国家として承認されていない。」と言う具合で、私を含めフツーの日本人はどこにある地域だかもサッパリな筈。
ちなみに「沿ドニエストル」と言ったり「トランスニストリア」と言ったりします。



大きな地図で見る

 ・wikipediaでの項目(ここ
 ・HP「世界飛び地領土研究会」での紹介ページ(ここ


国際的に承認されていないのでGoogleMapには記載がありませんが、モルドバ共和国のウクライナとの東部国境線に沿って南北に存在するのが沿ドニエストル共和国。
国際的には今でもモルドバ共和国の一部。

ルーマニア系のモルドバ共和国に対し、沿ドニエストル地域のスラヴ系住民が1990年に独立を宣言。1992年5月には、隣国ルーマニアの支援を受けたモルドバ共和国軍が沿ドニエストル地域に侵攻、二ヶ月に及ぶ戦争状態になりました(トランスニストリア戦争)。

この地域に元々駐留していたロシア軍は沿ドニエストル共和国側につき、小さな共和国の内戦がロシア+沿ドニエストル(スラヴ系)vsルーマニア+モルドバ(ルーマニア系)と言う民族紛争+代理戦争の様相を呈する展開に。

(沿ドニエストルにロシア軍需産業拠点が多く、その確保の為という話を紹介しているサイトもありましたが、私はそこまでは知りません)



そしてオマケの動画。
1992年6月23日(火)。
ドニエストル川西岸の都市ベンデルに、沿ドニエストル共和国軍が橋を渡って攻めこんで来た映像。


地図右上からR26を橋を渡りながら進んできて、左にググーッとカーブをした先のマンションからのアングルみたいです。youtubeだとかなり見かける映像なので、報道フィルムか何かでしょうか。


大きな地図で見る


1992年、高校2年生の僕は何をしていただろう?
スポンサーサイト

日本版ポリティカルコンパス


Edit Category 時事・歴史
日本版ポリティカルコンパスを試してみた。
ちなみにポリティカル・コンパスの概要はwikipediaの当該ページでどうぞ。



----------ここから引用----------

グラフの縦軸は、政治的価値観を示します。上に行くほど(値が10に近いほど)保守、下に行くほど(値が-10に近いほど)リベラルであることを示します。
グラフの横軸は、経済的価値観を示します。左に行くほど(値が-10に近いほど)経済左派、右に行くほど(値が10に近いほど)経済右派であることを示します。

----------ここまで引用----------

私の結果は、

 ・政治的な右・左度(保守・リベラル度) …… +4
 ・経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派)……-1.85
 ・あなたの分類は……保守左派です。

だそうな。


だからと言ってどうという話では無いんだけど。

米墨戦争(Mexican-American War)


Edit Category 時事・歴史
例によって、歴史モノ。
ほとんど自分の為の備忘録。

先週前半は、テキサス独立戦争から米墨戦争にかけて。
twitterで「サンタ・アナ」の文字を見かけたので、そこからどんどん拡がったのです。

まとまったサイト
http://www.k5.dion.ne.jp/~a-web/usa/Gv-sTxas.htm

米墨戦争と言えば、アラモ砦の戦い
http://www.k5.dion.ne.jp/~a-web/usa/Gv-sAlamo.htm


流れを軽くさらった動画(BGMと演出がイマイチ……)



マシュー・ペリーって、日本だと幕末開国の立役者ですが、米墨戦争ではメキシコ沿岸への遠征作戦を指揮したりと、なるほど代将の階級や、本国艦隊司令に任命されるだけは有りますね。

うーん、しかし、こういう背景を知らないで映画「アラモ」を見ても、単なる西部劇映画にしか見えない訳だよなァ……

アジャンクールの戦い(Discovery Channel)


Edit Category 時事・歴史
ここ数日ハマッているのが「「アジャンクールの戦い」(1415年)。

百年戦争中盤に起きた重要な戦闘のひとつで、ヘンリー5世が率いるイングランド軍7,000名が、追撃してきたフランス諸侯軍20,000名を返り討ちにした戦い。まぁ、調べたところでどうと言うことも無いのですが、
こんな感じに毎週何かしらにハマッているような生活なので、
実用にならない薀蓄ばかりが蓄積されていくわけでして。

分かりやすいFlash。
http://www.geocities.jp/akaisiroikuroi/henryV/henryV.html

分かりやすいテキスト。
http://www.k2.dion.ne.jp/~tactic/agincorttext.html


そして、Discovery Channelでの特集番組。

一晩明けたら


Edit Category 時事・歴史
あまり見かけませんね、韓国続報。

昨日のスタジオ帰りに通りかかった新宿西口で号外が配られていたのですが、ふしぎな事にその場で読み始める人は僅少。たまたまだったのかも知れないけれど、
実は現実感を持ってとらえられてないのかなと。

周囲から「で、どうなの?」と聞かれましたが、元々ごちゃごちゃとやってきた海域ですし、
沿岸砲と自走砲の撃ち合いと言う小競り合いなので、これ以上には展開しないのではと。
本気でやるなら、国境線を地上軍が一斉に南侵し、ソウル北側で激戦になるでしょうし。

むしろ、数ヶ月前に軽歩兵が戦闘序列の上の方になった報道が有りましたが、潜在的にはそちらの方が不気味だと思います。
 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
プロフィール

wkbyc

Author:wkbyc
楽器も弾けないのに、都内の出版社で音楽プロデュースを生業にする非自営業。会社と自宅とスタジオを行ったり来たり。
プレッソV6→164(SOHC)→WRX wagon→Beat→164(DOHC)→147(TS)でいったん途切れていたクルマ趣味が、2014年に購入したSZで再開。
あとたまにサバゲに行きます。

 
 
 
 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。